はじめての賃貸探し体験談

賃貸マンションに引越しを考えた時の話。まだ賃貸契約について何も知らない時代の出来事です。
私は20代前半の頃に始めて一人暮らしをしようと、賃貸マンションをネットで探していました。
インターネットでの条件検索等を利用し、当時勤めていた会社の付近で築5年以内の比較的新しいアパートかマンションを検索していました。
条件検索の絞込みをかけ、条件に合う物件が見つかったので、検索ページ下部に記載されている聞いた事のない小さな不動産業者らしき会社に電話連絡を入れました。
来店の予約を入れて、後日借りるアパートの近くにある雑居ビルの2F部分にある不動産業者の事務所に出向き、訪問したまでは良かったのですが、ネットで見た賃貸物件は既に借りられており、空き部屋はないと担当営業に言われてしましました。
担当営業は準備していた資料を出してきて、場所は少し離れるが新築しているアパートがあるので、そちらを借りてはどうかと条件と見積りを提示してきました。
仲介手数料等の初期費用は確か「30万円」程、もろもろ込みで掛かると書かれていたと思います。いきなりの事でしたので「即決は出来ないので検討したい」と言うと。こちらもなくなる可能性があるので手付け金を入れたほうが良いと言われました。結果押しに負けて1万円を当日業者に支払ってしまいました。
しばらくして、知人から別の賃貸業者の紹介を受けました。希望しているエリアとは全然離れた所にある不動産業者(CMでも良く見かけるチェーン展開している不動産会社)でしたが、一般公開されている物件であれば全国どこでも取り扱いが出来るとの事でしたので、そちらの業者にすべて同条件で合い見積もりをお願いしました。完成した見積もりを見ると、驚く事に見積りは「15万円」程で提示されてきたのです。更に営業の方の対応も良心的で入居日の説明等細かい所まで配慮が行き届いておりました。以前の体験ななんだったのかと怖くなり、先の業者にはそれ以来近づいておりません。
この経験から後に調べてみた所下記の様な事がわかりました。
①賃貸業者により同じ物件でも条件や値段を変える時がある。
②ネットで広告されている物件は既になく、集客の為に継続して掲載している場合がある。
不動産業界ではあたり前の事らしいのですが、手数料や敷金礼金だけで半額以下に下がるという事は想像もしていなかったので、知人の紹介を断らず良かったと思います。
最近では中古マンションの見積りを行いましたが、過去の経験から知人に合い見積もりを取るようにしています。少し脱線してしまいますが、マンションの見積り時も購入手数料から知り合いの業者なら50万円は安くできると言われています。これから賃貸探しを考えている方は是非、一度経験がある方に相談される事をお勧めします。